出会い系での失敗

出会い系では同時に何人もの女性にアタックするはふつうのコトです。例えば10人にアタックしたとしても返事が来るのは1人くればいい方でしょう。多分、もっと効率のいい男もいるでしょうが、僕の場合にはこんなモンです。1日に10人にアタックというのを目標にしていると、遣り取りをする女性の人数は確実に増えてゆきます。その中からLINEにシフトしてゆく人も出てきます。この時に神経を使わなきゃいけないのは、混同です。LINEで何人もやりとりをしていると、その人の名前や趣味などの情報を間違えてしまうこともあります。出会い系の中で活動しているときには、ステルスモードでプロフィールを見に行き、確認することも出来ます。しかしLINEになるとそれが難しくなるんですよね。それに女の子なんか案外個性がありませんから、おんなじような内容になってくるんです。そうするとますます「間違い」の可能性が高くなってしまいます。男性は「会えて、あわよくば」というものすごく単純な考えでいますので、名前を間違われようが趣味を間違われようが、あまり気にしません。心のなかで「こんな遊び人の女を彼女にはしないぞ」と思ってもヤレるならヤリたいわけです。でも女性は「自分だけ」というのが大好きですから、間違えでもしようものなら、かなりに不機嫌になられてしまいます。
今までにこの間違いは数知れず、映画が好きでもない子に映画の話を「すきだよね」と振ってしまったり、違う人の名前で呼びかけた文章を送信してしまったりしました。こういう時にはまず返信は来なくなってしまいます。後の祭りですからせふれ冷や汗かくしかないんですけどね。
今ではそれを教訓に、出会い系の中でやりとりをしている段階で、ノートにポイントだけは書くようにしています。遣り取りをするときには、ちゃんとそのノートを確認してから出すということを心がけているのです。それによって間違いは画期的に減りましたし、相手が「そんなこと覚えてくれていたの?」と驚いてくれることもあります。LINEにシフトしたときに、ニックネームが変わることもありますので、それも要注意です。またよほど気に入ってくれた子などは直接遣り取りをすることになった時点で、出会い系の方を退会してしまう子もいます。退会されるとプロフィールが見えなくなったりやりとりが消えることもあるので、ますますわからなくなります。ノートの重要性がこれでもわかりますよね。

Comments are closed.